2月23日(木)午後3時30分より、当館にて、医療講演「なぜ蚊は人を襲うのか」を開催します。

ルワンダ及びブルンジにお住まいの皆様へ

在ルワンダ日本国大使館

1.下記のとおり、医療講演を開催いたします。どなたでも参加できますので、参加希望の方は当館医務室(shunji.nagai@mofa.go.jp)までご連絡の上、是非ご参加ください。

○講師

嘉糠 洋陸 (かぬか ひろたか) 先生

東京慈恵会医科大学 熱帯医学講座 教授

○テーマ

「なぜ蚊は人を襲うのか」

○日時

平成29年2月23日(木) 午後3時30分から午後5時00分

○場所

在ルワンダ日本国大使館 5階 広報文化室 (5階 領事窓口左手)

○嘉糠先生からのメッセージ

「蚊は、私達の血を吸います。老若男女、蚊に刺されたことのない人はいないように、人間と直接触れあう機会が最も多い虫がこの蚊です。メスの蚊が私達の血液を吸い取った時、そのお返しに残すのは痒みだけではありません。望まないお土産として、感染症の原因を体内に送り込むことがあります。2014年夏に発生したデング熱の国内流行で、2016年には南米でジカ熱が流行し、蚊に刺されることの怖さが再び認識されました。今回の講演では、ルワンダであまりに身近な、血を吸う小さな虫のことを改めてよく知るとともに、病気のリスクの意味を一緒に考えてみたいと思います。」

http://www.rw.emb-japan.go.jp/files/000224097.pdf

2.連絡先

在ルワンダ日本国大使館

医務室 又は 領事班 025−250−0884