無駄に夜更かししてしまい、剰え夜食まで貪ってしまった昨夜。また昼夜逆転生活に陥らぬ様、ここいらで戒めなければなるまいと決意するも、予定は未定。しかし穏やかな天気やわぁ。とりま明日から心機一転ナニカを頑張ろうと思う。後回しクセが祟って、昨年11月から読了記録を付けていなかったので、ここ3ヶ月程の読了分図書を羅列してみる。今度からは読了直後に記録に残そう・・・。

 

(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

  • 作者: 堤未果
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (34件) を見る
 

著者の貧困大国アメリカシリーズ三作目。日本からでは見えにくいアメリカ経済の実情を、丁寧な取材を元に暴露していくその痛快さは相変わらず。コーポラティズム、リボルビングドアなど、企業が国の重要な決定に関与できるシステムが、富める者をますます富ませ、弱者を切り捨てる構造を不変のモノとさせている。アメリカのポチよろしく追従する日本も、右へ倣えと同じ轍を踏むのは自明の理か。

 

プロメテウスの罠 3: 福島原発事故、新たなる真実

プロメテウスの罠 3: 福島原発事故、新たなる真実

  • 作者: 朝日新聞特別報道部
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2013/01/29
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

プロメテウスの罠 4: 徹底究明! 福島原発事故の裏側

プロメテウスの罠 4: 徹底究明! 福島原発事故の裏側

  • 作者: 朝日新聞特別報道部
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2013/03/26
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

震災からもう3年も経つんだなぁ。遠方にいるとどうしても他人事になってしまいがち。被災地で生きる人々の苦しみや悲しみ、そのリアルなところを少しでも理解できればと、この手の作品に当たる様にしとります。それぞれが個別のエピソード群なのだけど、通して読むと繋がっていく感じ。

 

医者ムラの真実 (ディスカヴァー携書)

医者ムラの真実 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: 榎木英介
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2013/10/12
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

医者としてはちょっと異色の経歴を持つ著者が綴った、いわゆる医者ムラの世界。病理医という一般には馴染みの薄い立場から、歯に衣着せぬ感じで現行の医療制度についてボヤきまくるのが、なかなか痛快かつ斬新。医療ドラマとか観てると華やかな部分ばかり目につくけど、著者の様な人が現場を支えてるんだろうなぁ。

 

「助けて」と言える国へ ──人と社会をつなぐ (集英社新書)

「助けて」と言える国へ ──人と社会をつなぐ (集英社新書)

  • 作者: 奥田知志,茂木健一郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/08/21
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

お馴染みモギケンさんと牧師の奥田氏の対談本。キリスト教的観点からの弱者支援の在り方など、連々と。

 

(009)産後クライシス (ポプラ新書)

(009)産後クライシス (ポプラ新書)

  • 作者: 内田明香,坪井健人
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

出産直後に訪れる夫婦仲の危機、その要因を分析し回避する策を提案している。おっさんは幸か不幸か、結婚する機会を得られず仕舞いなので、世間様がどのような悩み事を抱えておられるのか知りたいなぁと思うワケですよ。まぁ所詮これも他人事なんですけどね・・・。

 

(007)ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護 (ポプラ新書)

(007)ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護 (ポプラ新書)

  • 作者: 池上正樹
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2013/09/19
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

タイトルどおりホントにダメダメなひきこもりのM君が著者と出逢い、相談を重ねていく上で、見事人生をやり直し大逆転~って、当然そんな上手い具合には行かないワケですな。最終的には生活保護を需給するコトで、自立へのスタートラインに立つというおハナシ。現状をなんとか変えたいっていう焦燥感はイタい程良く理解できる。ホントに身につまされるわ。おっさんも他人のコトをダメダメなどと言える立場でもないんだよね・・・。

 

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書2)

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書2)

  • 作者: 前泊博盛
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2013/02/28
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る
 

タイトルからして右寄りのヒトは唾棄しそうな作品だけど、「日米地位協定」についてのまさに入門的内容で、非常に勉強になった。斯様に酷い不平等関係を強いられているのに、唯々諾々とメリケンに従わざるを得ない、我が国ってどうよ?ってな具合に、著者の怒りとやるせなさが全編に渡ってほとばしっておりますな。こういうのってイデオロギーとか抜きにして義務教育で教えるべきだよなぁ。

 

ナマケモノに意義がある (角川oneテーマ21)

ナマケモノに意義がある (角川oneテーマ21)

  • 作者: 池田清彦
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2013/03/09
  • メディア: 新書
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

ホンマでっかTVでお馴染み、池田センセの作品。ユル~く生きたいヒト向け。つまり僕。

 

変わる力 セブン-イレブン的思考法 (朝日新書)

変わる力 セブン-イレブン的思考法 (朝日新書)

  • 作者: 鈴木敏文
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2013/05/10
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

ブンイレ日本の創始者にして会長兼CEOの鈴木氏のビジネス論。もちろん日本におけるブンイレの業態拡大から全国展開のおハナシが主軸。こういう成功者の語る自己啓発系バイブル本には辟易するのだけど、押しも押されもせぬブンイレさんのトップのお言葉だけに、なかなか説得力はありますな。どう見てもコンビニはブンイレさんがアタマ一つ抜けているし。ただ、これも偏に鈴木氏の神通力に拠るところが大きいと思うのよね。ユニ黒の柳井氏にしてもそうだけど、後継者育つのかしらねぇ。

 

さとり世代    盗んだバイクで走り出さない若者たち (角川oneテーマ21)

さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち (角川oneテーマ21)

  • 作者: 原田曜平
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/10/10
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

ゆとり世代→さとり世代へ、若者は変態を遂げておるようで。若者の☓☓離れだの、◯◯男子・△△女子だのと揶揄され、とかく奇異の目を向けられるコトの多い二十歳前後の男女を対象にした、集団討論形式の雑談本。ユルイ。